[reading memo]中村明一『倍音』

 

サブタイトルに「音・ことば・身体の文化誌」とある。

帯には、「虚無僧尺八の鬼才が開く革新的音響文化論」とあって、内田樹氏の「音楽家の書く文章はそれ自体が音楽で、倍音についての文章からは倍音が立ち上がる。日本文化の深層を理解するための一冊」とのコメント。

 

IMG_1134

 

著者は……

紹介[reading memo]中村明一『倍音』の続きを読む