フリクションボール(ノックビズ)でジェットストリームのリフィルを“快適に”使う方法

 

フリクションボールのノックビズというハイエンドのシリーズがあるので、買いました。

フリクションは使えると思っていたので、軸も持っていて楽しいものが欲しくなったのでした。

だって、安価な軸だと、どうしても愛着が持てないんですもの。

 

買ったのはこれ。

 

 

なかなか高級感があって、メモを取るのにもテンションが上がるかな、と。

 

ところが、フリクションって、インクが特殊なので、紙の滑りが悪いんですよね。インクが消えるのはとても便利なんですが……。

なので、やっぱりジェットストリームを使うようになっていたんですが。。。

でも、軸の握りはこのフリクションボールのノックビズがとてもいいんですよ。

それで名残惜しくて。

なんとかフリクションボールのノックビズの握り良さと、ジェットストリームの書き味の良さをマッチングできないかなといろいろ試していたんですが、ようやくそれが実現。

ジェットストリームのリフィルをフリクションボールのノックビズに付けかえようとすると、ほんの1〜2ミリ程度なんですが、リフィルの長さが合わないんですね。

それで、フリクションボールのノックビズにジェットストリームのリフィルを入れると、ほんの少し飛び出してしまうんです。

これ、けっこう気になるんですね。だらしないというか(笑)。

 

これがジェットストリームのリフィル(上)とフリクションボールのリフィル(下)。

 

こうしてお尻を揃えてみると、ジェットストリームのリフィルのほうの先っぽがちょっと出ているのがわかると思います。

 

このわずかな差は、見た目がだらしないというだけでなく、書き味もちょっとへこんでいる感じがするというか、要するに「ほんの髪の毛1〜2本の違いなんだけど違和感がある」という状態なんです。

実は、同じく書き味のいいエナージェルもこれらと互換性があるといえるリフィルなんですが、残念ながらエナージェルとまったく同じで使えるのはジェットストリームのほうで、やっぱりフリクションボールのノックビズには長すぎるんです。

 

そこで、ほかになにかないかと探していたら、サラサの評判がいいので調べてみると、このリフィルもつかえそうなことがわかったので購入。

サラサのリフィルはフリクションボールのノックビズにはピッタリ。

ところが、サラサは評判のわりには書き味がボクの好みではありませんでした(ガッカリ!)。

で、せっかく買ったサラサを分解して遊んでいたら……。

 

サラサの軸に入っていたスプリングの長さがジェットストリームやフリクションボールとは違うことに気がついたんです。

 

これを見れば一目瞭然ですね。

このスプリングでリフィルを微妙に調整していたことがうかがい知れます。

ということで、サラサのスプリングをジェットストリームのリフィルに付けてフリクションボールのノックビズに入れてみると、これがみごとにマッチ!

ということで、しばらく外出用の筆記具は、これを持っていきたいと思います。

なんだかとってもスッキリしました(笑)。

 

 

投稿者: gwt

ネット時代に生き残るためのお役立ち情報を発信していきます!