デマにのせられないことが書き手としての生命線の基本

 

ネットを「読む」にはリテラシーが必要だと言われます。

ということは、「書く」には、それ以上のリテラシーが必要であるわけです。

 

read-1342499_640

以下の記事では、最近のネットに出回っている噂を鵜呑みにして自分のブログなんかを書いてしまうと、取り返しの付かないことになりますよということを教えてくれます。

 

 

振り返ってみれば、自分も活字になる文章を書くようになって、それを入稿する際に、常に「これでいいのか?」という恐怖感がつきまとっていたことを思い出します。

それほど、なにかを書いて他人に読んでもらうということは、責任が重いことだということを知っていて、やっていたということです。

いまでは一億総ライター時代などといわれるほど、誰もが情報を発信できるようになりました。

選ばれた人だけがライターという特権を得られるのではないわけです。

それだけに、モラルではなくリテラシーが問われることにもなっていることを、自戒を込めて記しておきたいと思います。

 

投稿者: gwt

ネット時代に生き残るためのお役立ち情報を発信していきます!